労働トラブル解決の一助となる法律相談

今日、日本経済が回復したということもあって、雇用状態が安定してきたとはいえ、使用者側と労働者との間に起こるトラブル、いわゆる労働トラブルは依然として後を絶ちません。
解雇や雇い止めといった労働契約の解消絡みのトラブルは減少傾向にあるとはいえ、職場内でのパワハラ、セクハラといったハラスメント関係は非常に増えてきております。
また、長時間労働による健康被害や、サービス残業による残業代不払問題なども多くみられます。
このようなトラブルに巻き込まれた場合、解決のためにはどのような行動をとればよいのでしょうか。
まずは法律の専門家による法律相談を受けてみるということです。
法律相談はハローワークや労働基準監督署といった行政機関で無料で受けられますが、ベターなのは法律事務所へ出向き、弁護士に相談することです。
弁護士であれば相手方にどのように権利主張すればよいかを組み立ててくれますし、訴訟を起こすときも代理人になってもらえます。
費用はかかるものの、法律相談は弁護士にするのがよいといえます。

スムーズに海外契約

翻訳会社 比較

人材ビジネスのサポート

事業資金の調達にお困りですか?
京都祇園の税理士事務所にお任せ

最新投稿

  • 借金問題を解決させる

    多重債務により自力での返済が不可能であるという借金問題を抱えている人は多いのではないでしょうか。

    続きを読む...

  • トラブルが起こったら法律相談を利用しよう

    日常生活で何らかのトラブルは起こると思われます。
    特に起こりやすいのが近所の人とのトラブルにな …

    続きを読む...

  • 日本における法律相談について

    日本国憲法下では、法律は、「この憲法に特別の定めのある場合」を除き、「全国民を代表する選挙された議員 …

    続きを読む...

  • 相続放棄の法律相談について

    法律のトラブルなどに遭遇して、弁護士等の専門家に相談することは、費用が高いという印象が強く、一般の人 …

    続きを読む...