サービス一覧

日本国憲法下では、法律は、「この憲法に特別の定めのある場合」を除き、「全国民を代表する選挙された議員」で組織された「国の唯一の立法機関」たる国会の「両議院で可決」されることによって成立する法形式です。
また、地方特別法の場合、住民投票などによる同意が必要となっています。
可決された時点で、法律は成立します。
法律が憲法に適合するか否か審査する権限があたえられています。
法律相談(ほうりつそうだん)とは、法的な権利・義務関係について相談。
民事、刑事。
行政の分野にわかれ、弁護士による法律相談には料金が発生します。
30分5250円としているところが多いです。
近年では無料の法律相談を実施している場合もあります。
登記相談、年金相談など業務分野を差す名称を使用したりしています。
なお、税務相談(財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行に関する相談はふくまれない)については税理士の独占業務とされています。
無償であっても税理士以外の者が行うことはできません。